糖質制限でガン細胞を撲滅!

がん細胞は、ブドウ糖をエネルギー源としている。

これは、1931年にノーベル生理学・医学賞を受賞したオットー・ワールブルグ博士が、発表したものです。

 

今ではさらに研究が進み、がん細胞は正常細胞の3~8倍ものブドウ糖を取り込まなければ、生命活動を維持できないことも分かっています。

 

荒木式がん対策プログラム,断糖食,食事法,ケトン体,糖質制限,荒木式

 

90年以上も前に発見された事実ですが、ガン治療の現場において食事指導内容が軽視され続けた結果、最近まで主流の考えではなかったようです。しかし、最近では様々な研究の結果、がん治療には有効だということが徐々に解明されつつあります。

 

荒木裕先生は独自の理論ですでに30年以上前から、自身のクリニックにとりいれ、あらゆる症状を改善してきた実績を積み上げてきました。
荒木式がん対策プログラムは、これが基本となっています。

ブドウ糖欠乏状態の体が生み出す「ケトン体」

炭水化物は3大栄養なのでは?

 

確かに、私たち人間の生命活動は、糖質が体内で分解されてできる、ブドウ糖を主なエネルギー源にしていると長く考えられてきました。しかし、結論から先に言えば、ブドウ糖が枯渇すると、人間の体内ではブドウ糖に代わる、緊急用のエネルギーが生み出されます。それが、私ががん治療の鍵としている「ケトン体」という酸性の代謝物質です。

 

このケトン体は、皮下脂肪や内臓脂肪が分解されることで産生されます。そして、正常細胞がケトン体をエネルギー源にすることができるのに対して、がん細胞は基本的にそれができません。がん細胞には、ケトン体をエネルギーに変える酵素が欠けているからです。

 

ここに、がん治療の大きなヒントが隠されています。

 

これは、2015年1月より、ステージⅣのがん患者を対象に、世界初の臨床研究を開始。現在、がん免疫栄養ケトン食療法の普及に努めている医学博士の古川 健司(ふるかわ けんじ)先生が著書に記したもので、先生の臨床研究では、約7割の末期がんが改善したと報告されています。

 

また古川先生は、一般に向けて、「がん免疫栄養ケトン食療法セミナー」を定期的に開催していらっしゃいます。

 

このセミナーで推奨しているケトン食療法の基本となるのは、主食である炭水化物の極端なカットです。その代わりに、免疫機能の指標となるたんぱく質と、がんの進行と炎症を抑えるオメガ3脂肪酸のEPAの摂取を強化し、さらに、その燃焼性の高さからケトン体の産生を強力に促してくれる中鎖脂肪酸を、1日数回に分けて摂取するようにするというものです。

 

古川先生の臨床研究では高脂肪、高たんぱく、低糖質のケトン食に、抗がん剤や放射線などの化学治療を併用すると、患者のがん細胞が縮小、消滅する確率である「奏功率」がアップすることも明らかになっているようです。

 

また、高雄病院理事長の江部康二先生も同じような研究をされていて、「糖質制限食にがん治療効果はあるか?」という課題に対して、「心配された一時的な低血糖、嘔吐、便秘、けん怠感などの副作用は認められなかった。ケトン食は肺がんステージ4の患者さんに、一定の治療効果、延命効果がある「可能性」が示されたと言ってもよいのではないか、と私は期待を感じています。」という見解をしめされているのです。
もちろん、これらの食事法が完璧ということではありません。しかし荒木式がん対策プログラムの断糖食と呼び名が違うだけで、ほぼ同じような食事指導で効果を上げていることも事実なのです。

断糖食は期待できる!?

断糖食のイメージを簡単に言うと、主食なし、おかずのみの、一般的には少し?変わった食事ですが、ブドウ糖に変わる糖質の摂取を極限まで制限して、代わりに良質な脂質、良質なたんぱく質を摂取することで安定したエネルギー源を確保していく食事療法で、ほとんど副作用がないのが非常にすぐれている点です。

 

荒木式がん対策プログラム

 

また、しっかりと学んで取り組めば、専門的な知識を持たない一般人の私たちでも治療の核となることができるという意味では、今までになかった新しい発想かもしれません。少なくても最近までは。

 

それだけでなく、正常細胞はより元気になり、がん細胞だけが壊滅的に被害を受けるという点が非常に画期的で、非常に注目を集めているのです。

 

つまり、がん細胞といえども、普通細胞と同様に、栄養源を絶たれれば死滅への道をたどるしかないということなのです。

9つに及ぶサポートがついた公式サイトをご覧になりたい場合はこちらから移動できます。ただし、初回アクセスから7日過ぎると通常価格になってしまいます。
サポート体制強化のためということですから、ご注意ください。

 

   荒木式,がん対策プログラム,荒木式がん対策プログラム,食事法,断糖食