荒木式癌対策プログラムでは、三大療法の問題点もお伝えしています。

荒木式がん対策プログラムが考える三大療法の問題点とは?

 

荒木先生は、三大療法も緊急を要する救命的な治療、痛みや機能障害など生活の質を落とすような
症状の緩和など、”応急処置”的な使い方は有効な場合もあるとおしゃっています。

 

そして、三大療法の問題点も紹介されています。

三大療法の問題点

 

  1. 手術の問題点
    • 手術の傷の治療と全身の回復に時間がかかる。
    • 臓器を切除することによって機能が失われることがある。
    • 微小転移(ごく小さな転移)は治療できない。
    • 手術が不可能な場所にできたガンは治療できない。
    •  

  2. 化学療法(抗ガン)の問題点
    • ガン細胞理解の健康な細胞にもダメージを与えるため、さまざまな副作用が現れる。
    • ガンの種類によっては効果があらわれにくい。
    • 高額な薬を長期にわたって使用することもある。

     

  3. 放射線療法の問題点
    • 照射部分の炎症症状などの放射線障害が現れる。
    • 目まいなどの副作用が現れることもある。
    • 1部の放射線治療において行動の制限が必要となる。

 

ガン治療の基本として三大療法は、当たり前のように提案され、患者さんは医師に言われるまま、疑いもなく行っている治療法です。でも、もしかすると、あなたもその副作用などでお悩みになることもあるのではないでしょうか。

三大療法以外の代替療法の問題点とは?

代表的な代替療法には、遺伝子治療、免疫療法があります。
  • 遺伝子治療の問題点
  • ガンは遺伝子の病気と言われることがありますが、ガンの遺伝子と正常な遺伝子を入れ替えることによって、正常な遺伝子はガンにならないことが確認されています。
    つまり、ガンの原因は遺伝子の異常ではないことが、明らかになっているということ。

  • 免疫療法の問題点
  • 免疫細胞の衰えがガンを増殖させる原因と考えられたこともありますが、ガン細胞を壊す免疫物質を作って免疫療法を行っても、確かな効果は得られなかったということです。

その他にも、理学療法、温熱療法、針、灸…一定の効果を確認されているものもありますが、完全な治療法として確立されているものは現時点ではありません。


また荒木先生によると、いずれの治療も、保険適用外になることも多く、自分の体のガンと戦うことが大変な時期に、薬代や治療費のことで頭を悩ませなければいけないことも問題だと指摘されています。

ただ、あなたがいずれかの治療法行っている場合でも今すぐその治療をやめるのではなく、荒木式ガン対策プログラムで断糖食を取り入れた治療法を併用することで、症状が緩和され、徐々に解決していく可能性があるのではないでしょうか?

9つに及ぶサポートがついた公式サイトをご覧になりたい場合はこちらから移動できます。

 

ただし、初回アクセスから7日過ぎると通常価格になってしまいます。

 

サポート体制強化のためということですから、ご注意ください。

 

   荒木式,がん対策プログラム,荒木式がん対策プログラム,食事法,断糖食