荒木式がん対策プログラム 食事法

荒木式がん対策プログラムの食事法とはどんなものですか?

 

まだ、やれることがあるはず!

 

絶対、ガン細胞を追い出してやる!

 

 

荒木式でがんを克服

 

変えることは、断糖するだけ!

 

食事を変えるだけで、

 

絶望を大きな希望に変えれるとしたら・・・

 

ガンを克服

 

当サイトでは「荒木式がん対策プログラム」を実際に購入してレビューしています。

食事を変えるだけで、ガンを死滅させるというのはどういうことなのでしょうか?

 

荒木式ガン対策プログラムの中身

 

 

 

この食事法がおすすめのガン患者さん

    抗ガン剤

  • 治療法の選択に悩んでいる方、代替療法を探してる方
  •  

  • 化学療法を受けて副作用が辛い方、治療に不安のある方
  •  

  • 治療で一時的に良くなったけれど、再発や転移が心配な方
  •  

  • 末期がんと診断されて、積極的な治療法がほぼないという方
  •  

  • 余命宣告を受けたけれど、少しでも長く自分らしく生きたいという方
  •  

  • どんな状態になろうとも「絶対諦めないぞ!」と、いろいろ模索している方

 

この食事法実践すれば、必ずしもガンが消えたり治ったりする保証はなくても、
ガンの成長スピードおくらせたり、病気の進行を穏やかになった方が沢山いらっしゃいます。

 

荒木先生は、再発や転移を予防することも可能だし、完治する可能性もあるといいます。
その評判を聞かれた方の多くが、この食事法を実践しながら人生を楽しんでおられます。

 

 

もし、ガン細胞と戦うための食事法が自宅で実践でき、
あなたに希望の心と、ガンと闘うための体力が満ち溢れるとしたら、
試してみる価値があると思いませんか?

 

こちらは、腫瘍マーカーが改善した患者さんの声です。

 

 

*音声が出ますので、ご注意ください。

 

公式サイトでは、大きく改善された患者さんの声を聞くことができます。

はやくご覧になりたい方はこちらから移動できます。

 

 

 

この食事法は、元ハーバード大学准教授で現在は兵庫県で崇高クリニックを運営されている
荒木裕先生の医学的根拠に基づいたものです。
先生のクリニックでは、現在もガンと闘う患者の方が実際に実践している食事で、
ガン治療の副作用や後遺症が緩和され、多くの患者さんが希望を手にしています。

荒木 裕先生  プロフィール

 

荒木裕

崇高クリニック院長:荒木 裕

 

1962年 京都大学医学部卒
1967年 京都大学医学部大学院卒
1968年 大阪北野病院勤務
1971年 アメリカハーバード大学付属 小児病院脳神経外科研修医
1973年 アメリカハーバード大学医学部 臨床栄養学部助教授
1976年 アメリカ国立公衆衛生研究所(NIH)客員研究員
1977年 アメリカサウスカロライナ大学 医学部勤務
1983年 崇高クリニック開設

 

崇高クリニックでは、様々な病気を克服するために、
食事指導と運動を主体とした入院治療を行ない、多くの患者さんの症状を改善し、
同業の医師からも、その効果の高さが注目されています。

 

希望

ガンと診断されて以来、人生設計が大きく狂い、

片時も心が休まることもないくらい、
不安でいっぱいで、本当に辛いと思います。
そんな中で当サイトをご訪問いただいたあなたは、
絶対奇跡を起こしてやる!と決意していらっしゃってると思います。

 

荒木先生がおしゃるには
ガンと闘うためには....

 

がん細胞の栄養源を絶つ有効な食事と
適度な運動が必要
だと言います。

 

しかし、ガンに効く食事とは”○○の食事がいいらしい”など、
何の根拠もなく言われているものは
あなたの体力を奪っているうえに、
ガンの栄養源になってしまっている可能性があるといいます。

 

 

当サイトでは「荒木式がん対策プログラム」の内容を出来るだけ詳しくお伝えして行こうと思いますので、
よろしければ、もう少しだけ読み進めてみてくださいね。

 

 

 

9つに及ぶサポートがついています。

公式サイトで詳細を確認して下さいね。

 

公式サイト

 

初回アクセスから“7日間限定”の特別価格になっています。

サポート体制強化のため、100人限定となっているようですのでご注意ください。

 

 

「荒木式がん対策プログラム」でがんが消える仕組み

 

がん細胞はどうして生きているのか?

 

■ がん細胞の唯一の栄養源はブドウ糖

 

このブドウ糖は、私たちの人体を構成する細胞の数は約60兆個のなかにあるミトコンドリアが作り出しています。

 

ミトコンドリアは、正常な細胞にもがん細胞にも存在しています。

 

ミトコンドリアは、私たちが呼吸で取り入れた酸素と、日々私たちが口に入れる食べ物、すなわち炭水化物(糖質)や脂肪、時にはタンパク質を栄養源としてから活動エネルギーを生み出しています。

 

この活動エネルギーを栄養源にしているのが、がん細胞なんです。

 

つまり、ミトコンドリアが通常の活動をできないようにすればいいんですね。

 

では、私たちが食事をしないとミトコンドリアはどうするのでしょうか?

 

私たちがしばらく食事をとらないと、ミトコンドリアは体の中にある脂肪やタンパク質などを分解してできた栄養源を元に自分自身が生き残れるように工夫します。
私たちが食事を取らない場合でも、お腹は空きますが普段通りに生活できるのはこのためなんですね。

 

 

 

■ ミトコンドリアをコントロールするとがん細胞を撲滅できる?

 

近年のがん研究により、
「がん細胞は、みずからの命を維持するために、がん細胞内のミトコンドリアの働きを抑えるようにしている」
ということが解明されています。

 

しかし、ミトコンドリアの活動をセーブするということは、ガン細胞は、糖質や脂肪やタンパク質からもエネルギーを作り出せる、非常に効率の良いミトコンドリアを利用することができなくなってしまいます。。

 

そのため、がん細胞は貪欲にブドウ糖だけを食べるという次の行動にでます。

 

実は、このブドウ糖だけを食べるのはがん細胞にとっては効率の悪い方法でかなりの分量がいるんです。

 

そのため、がん細胞は大量のブドウ糖を体内から集める必要があるのであり、このブドウ糖を断てばガン細胞は餓死するしかなくなるんです。

 

つまり、この仕組みを利用して”ブドウ糖になる糖質を制限した食事療法で癌を餓死させよう”というのが
「荒木式がん対策プログラム」なんです。

 

 

 

■ 断糖食(糖質制限食)は安全なのか?

 

ブドウ糖を生み出さないことで、がん細胞を餓死させる仕組みはお分かりいただけたと思います。

 

でも、この方法は安全なのでしょうか?

 

実は、私たちの体の中には栄養源としてブドウ糖しか使えない細胞がもう一つ存在します。
それは人体を構成する細胞約60兆個のうち20兆個、すなわち全細胞の1/3を占める超重要な細胞で、血液の中にある「赤血球」なんです。

 

そのため、しっかりとした知識なしで偏った断糖食を続けていくと、がん細胞にはもちろんのこと、赤血球にもエネルギーが行き渡らなくなってしまいます。

 

これではがん細胞を死滅させる前に、生命を維持することができなくなってしましまいます。

 

 

 

■ がん細胞だけにブドウ糖を与えない方法がある

 

がん細胞にはブドウ糖を与えず、赤血球にだけブドウ糖を与えるために、私たちの体の2つの仕組みを利用します。

 

それは
小腸から吸収されたブドウ糖はまず血液の中に入り、それからすべての細胞に運ばれる
血中ブドウ糖が少ない時には、タンパク質の材料であるアミノ酸からブドウ糖が作られる
という仕組みで、必要な血糖値の最下限値を安全に維持しながら、ガン細胞だけを餓死させようというものなんです。

 

癌細胞の消滅に効果が期待できる荒木式断糖食は、糖質を10%未満に制限する食事法です。

 

そしてその食事法を安全に、しかも家庭で簡単な料理法で実行できるように、ノウハウとしてまとめたものが【荒木式】がん対策プログラムです。

 

 

 

■ 実際にすることと疑問点について

荒木式ガン対策プログラムの目次

 

このプログラムでは次のようなことが解説され、実践していきます。

  • がんの根本的な原因は?
  • がん対策に有効な断糖食の基本とは?
  • 荒木先生の崇高クリニックでは具体的にどのように治療しているのか?
  • 何をどのように調理して食べたらよいのかの具体的な方法
  • がん対策に効果のある脂、がんのリスクを高める油の違い
  • 断糖食の効果を高める6つの方法

 

しかし、実践する場合には様々な疑問も出てくると思います。
そこで、実際の患者さんから寄せられて疑問に荒木先生が答えている内容も解説されています。

 

たとえばメンバーサポートサイトには次のような質問が寄せられ、荒木医師が自ら答えてくれています。

  • Q.何か特別なものを食べたり、特別な料理をしたりしないといけませんか?料理が苦手なので不安です。
  • Q.【荒木式】断糖食では、糖質を摂取しないとのことですが、低血糖になったりしないのでしょうか?
  • Q.大豆を加工した食品の中の豆腐は安心と言われてますが、もちろん厚揚げも大丈夫でしょうか?
  • Q.にがりを入れて作る豆腐はいかがでしょうか?
  • Q.プロテインはいかがでしょうか?
  • Q.断糖食では、肉中心の高タンパクの食生活になりますが、 腎臓に負担がかかると聞いたことがあるのですが、その辺は大丈夫でしょうか?
  • Q.血糖値が上がることによって、 満腹中枢が刺激され満腹感を得られると思うのですが、肉中心の断糖食では血糖値が上がらないため満腹感を得られないのではないでしょうか?
  • Q.しいたけなどのきのこ類、わかめや昆布、こんにゃくなどは どのくらい食べても良いですか?
  • Q.お酒はアサヒのスタイルフリー糖質ゼロを飲んでますが、飲んでもよいでしょうか?
  • Q.生姜が好きで毎日のように食べています。毎朝、体を温めるために生姜湯を飲んでいます。プログラムを実施する上で悪い影響はありますか?
  • Q.ラーメンが好きで普通のラーメンは食べませんが、 蒟蒻ラーメンをたまに食べています。プログラム実施に関して問題がありますか?

 

これはほんの一部ですが、これ以外の疑問にぶつかった場合でも、サポートサイトや直接メールにて質問できるようになっています。

 

安心して取り組むことができるうえに、ガン細胞をやっつけるというモチベーションも上がると思います。

 

荒木式がん対策プログラムについて詳しくはコチラ↓↓↓からご覧ください!
「荒木式がん対策プログラム」公式サイトを見てみる

荒木式がん対策プログラムの食事法とはどんな内容ですか。

荒木先生の考えるガンと治療法は、

 

ガンは糖だけを栄養としている=ガンの栄養源を絶つ!
その理論「断糖食」の完全レシピを公開しているのが
荒木式がん対策プログラム

 

 

糖を絶つことで、ガンを追い払える根拠

  1. 「PET検査」を受けたことがある方はおわかりになるとおもいますが、

    この検査はブドウ糖に近い成分を体内に注射し、ガンを発見するものです。
    つまり、ガン細胞が糖がくっつく特徴を利用した検査方法ということです。

  2.  

    民族

  3. 肉を主食とし、穀物(=糖)をほとんど摂取しない民族は

    ガンになっていない。

    • エスキモー=狩猟によって得た生肉が中心。

      天候上の理由で農耕が不可能で、ほとんどの穀物を食べることはないようです。

    •  

    • マサイ族=伝統的な食文化は、狩猟して動物の肉を中心に食べます。

      農耕はしないので、穀物はほとんど摂取していません。

    •  

    • モンゴルの草原に暮らす遊牧民=家畜の肉や乳製品が中心で、

      彼らも農耕はしないんです。

    •  

      ガンの成長を押さえるために積極的に摂取するように言われていた
      野菜や穀物は、実は糖の塊で、むしろ栄養源になっている
      ということになるんです。

ガンと糖の因果関係をダイジェストで簡単にお届けしましたが、 DVD に収められた動画では、
荒木先生自らがさらに詳しく解説してくれていますので、荒木式ガン対策プログラムの断糖食が、
どれくらい効果をもたらすかを理解していただけると思います。

 

 

 

 

チェック

単なる食事レシピではありません。

 

荒木式がん対策プログラムは、ガンをやっつけるためのたべていい食材、
悪い食材を紹介しているような、一般的なものではないんですね。

 

DVDをみてみると、どんな食材にどれくらいの糖が含まれているかわかりやすく説明があり、
「お砂糖にすると『○杯分』」などと表現されていて、ご覧になるとあなたも驚かれると思います。

 

また、好ましくない原材料でも、加工法が違うことで問題のない食べ物になるものも多数紹介されています。
たとえば、キャベツは?人参は?大豆は?白菜は?豆腐は?トマトは?明太子は?・・・
この中で、食べてもいいものはどれかおわかりになるでしょうか?

 

さらに、食材についての知識を理解しても、その食材と組み合わせやレシピを考えることは大変です。
そのレシピを完全公開してくれているので、毎日続けることが苦にならないように工夫されているんです。

 

この断糖食こそ、
30年近く研究をされてきた荒木式がん対策プログラムの肝なんですね。

 

 

 

荒木先生が疑問視する治療法や食事

 

  1. 「手術療法」「化学療法(抗ガン剤)」「放射線療法」の三大療法で、

    完治するガンはほんの一部であるということ。
    多くは強い副作用や後遺症に苦しめられたりする場合が多く、
    患者さんに負担をかけている。

  2.  

  3. 遺伝子療法、免疫療法をはじめとする代替療法は、

    安定して効果が確認されているものが少ない。

  4.  

  5. ガンの治療はどれも高額すぎるため、患者さん自身だけでなく、家族の負担も大きい。
  6.  

    (当サイトでNHK が行ったアンケート調査を調べたところ、
    ガン治療は経済的負担が大きいとの回答が一番多いという結果でした。)

     

  7. 玄米を主食、野菜、漬物、乾物を副食とした”玄米菜食”は、糖を多量にに摂取している。

    さらに、玄米菜食は人間が生きていくために必要な栄養素があまりにも不十分で、
    ガンと闘うための免疫力まで落としてしまっている。

 

本物のガンとガンもどき
一般的にガンと診断され、治療を行った結果「治療から5年以内に再発しなければ完治」と言われています。

 

荒木先生の見解では、「5年以内に再発しなかったもの」は「ガンもどき」の可能性が高いといいます。
一方、「本物のガン」は現代医学では完治することが非常に難しいもので、
残念ながら現在の医学では5年経過してみないとわからないということになります。

 

ただし、どちらのガンであってもガンの栄養素となる「糖」を断つ食事をすることで、
ガンを完全に消滅させたり、万が一の場合でも、ガンの成長スピードをおくらせ、
共存しながら暮らす方法
も考えられるということです。

 

ポイント

大切なのは闘うための気力と体力をつける食事

 

荒木式がん対策プログラムで公開されているメニューは、元気に生きていくための必須栄養素を取りながらも、
ガンの栄養素は排除できるため、患者さん自身に体力と気力を増加させると感じました。

荒木式がん対策プログラムの食事法で効果がありますか?

 

荒木式がん対策プログラムは、ガンの細胞の栄養源を絶ちなくしていくことと、
あなたの体力をアップさせて自己治癒力のアップを目指す教材でが、
100%ガンが治るということを謳っているわけではありませんし、
薬事法でもそういった表現をすることはできないんです。

 

また公式サイトで紹介されている長い説明文や特典も、教材を売ろうと誇大広告をしているわけでなく、
”ガン細胞を殺す”という荒木先生の情熱だととらえてほしいと思います。

 

荒木先生も
「今回は何かのきっかけで自分の体にガンがいる事を「知った」だけのこと。
もし告知されなかったとしても、ガンが消えていたわけではないと前向きにとらえて闘って欲しい」
とおっしゃっています。

 

家族

どんな病気であっても、

闘うための体力と気力を保つことが、
無限の希望
になると思います。

 

今あなたは非常に苦しい状態で、心が折れそうなくらいの絶望と虚脱感に
襲われているとおもいますが、
あなたのことを心の底から応援してくれる大切な人がいます。

 

 

だからこそ荒木式がん対策プログラムの断糖食で、大切な家族のためにも、
あなたの元気になった笑顔を、見せてあげてくださいね。

 

 

9つに及ぶサポートがついていますので、

公式サイトで詳細を確認して下さいね。

 

 

公式サイト

 

 

初回アクセスから“7日間限定”の特別価格になっていますが

サポート体制強化のため、100人限定となっているようですのでご注意ください。